企業法務担当者のための解決サイト

86216人目の訪問者

企業法務相談.JP

新マンション建替え法

目的

目的

マンションの建替え等の円滑化に関する法律(以下「マン建法」といいます。)は、マンションの建替えや敷地の売却に関する手続を中心に規定している法律です。

古いマンションを建替えることで、耐震性や省エネ性が向上し、良好な居住環境が確保されます。また、最新の耐震基準を備えたマンションが建つことで、地震によるマンションの倒壊等から生じる被害を防ぐこともできます。

マン建法は、マンションの建替事業や敷地売却に関する手続等を整備することにより、良好な居住環境の確保と、倒壊等から生じる被害を防ぐことを目的としているのです(マン建法1条)。