企業法務担当者のための解決サイト

17118人目の訪問者

企業法務相談.JP

個人情報保護法における「個人情報」とは何を指すのでしょう・・・

個人情報保護法における「個人情報」とは何を指すのでしょうか?

弁護士の回答

個人情報保護法は、「個人情報」を「生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)をいう。」と定義しています(個人情報保護法21項)。

したがって、個人情報には、すでに死亡している人に関する情報は含まれませんし、特定個人を識別できない情報も含まれないことになります。

問題は解決しましたか?

もし問題が解決しなかったら、「弁護士に何度でも相談できる」顧問弁護士のサービスへ