企業法務担当者のための解決サイト

17231人目の訪問者

企業法務相談.JP

本人が意識不明の重体になり、同意することができない状態に・・・

本人が意識不明の重体になり、同意することができない状態になった場合に、その治療のために個人データを医療機関に伝えることは可能ですか。

弁護士の回答

この場合には、本人の同意なしに個人データを第三者へ提供することも許されます。

人の生命、身体又は財産の保護のために必要な場合であって、かつ、同意取得が困難なときには、本人の同意なしに個人データを第三者へ提供可能です(個人情報保護法2312号)。

したがって、本人が意識不明の重体に陥り、その治療のために、医療機関に対して個人データを提供する場合は、「人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合」に該当します。

問題は解決しましたか?

もし問題が解決しなかったら、「弁護士に何度でも相談できる」顧問弁護士のサービスへ